ハウスメーカー

人生をアップグレードするイエづくり|クレバリーホーム

「モデルハウスに行ってみたい!けど、予約するのはちょっと緊張するなぁ……」

なんて億劫になってしまっている方、その気持ち分かります。

どんな雰囲気なのか、どんな人たちがいるのか分からないと、行くのを躊躇してしまいますよね。

ということで、今回は沖縄市与儀にモデルハウスのある「クレバリーホーム」の砂川さんにインタビュー。

クレバリーホームのモデルハウスの雰囲気や、イエづくりの特徴をお伺いしてきました!

こんな人にオススメ

・モデルハウスの雰囲気が見たい
・イエづくりの特徴を知りたい
・モデルハウスの予約をしたい

「人生をアップグレードする。」をコンセプトに、外壁タイルなどの素材や将来を見通したゆとりにこだわったイエづくりを提案する、注文住宅ブランドです。

高品質な素材や開放感を感じられるゆとりにこだわった空間を体験できるモデルハウスを体験してみましょう。

整然と並べられたタイルが品位を感じさせますね。
イエキメル編集部

玄関から「イイおウチ」な雰囲気が出てますね!タイルの質感が良いからかなぁ。

砂川さん

そうなんです。クレバリーホームの外壁タイルは風合いが楽しめる自然素材。しかも、劣化しづらく汚れもつきづらいので、いつまでも美しいんです。

土や石などを焼き固めて作った自然素材のタイルなので、天気や日差しによって見栄えが移り変わり、その時々で違った風合いを楽しめるんだそう。

また、汚れが雨と一緒に落ちる「親水機能」や天候による劣化・退色を防ぐ耐候性、擦りキズ・掻きキズがつきにくい耐傷性も備えているので、20年後も30年後も美しい状態のまま。

砂川さん

汚れや劣化が少ないということは、その分お手入れも少なく済むので、長い目で見たメンテナンス費用を一般的な外装材の半分以下に抑えることができるんです。

玄関に入ると、ゴージャスなタイルの
アクセントウォールがお出迎え。
イエキメル編集部

まるでホテルみたい!こういった普通の住宅では見られない壁も作ったりできるんですか?

砂川さん

自由設計なので、ご要望があればもちろんお応えできます!

玄関からリビングへと伸びる廊下がとにかく広い!
イエキメル編集部

廊下がめっちゃ広いですね!一般的な廊下の2倍くらいはあるんじゃないですか?

砂川さん

二世帯住宅を想定したモデルハウスなので、廊下も広めになっています。

廊下の幅を広くするのはオプションではあるそうですが、ご自宅でも取り入れていただけますよ。

上/廊下の途中にはなんと和室が!
下/人工大理石の壁もオプションで取り付け可能。
イエキメル編集部

床や壁で仕切られているのが特別感があって良いですね!

砂川さん

床をもう少し高くして、腰掛けられる小上がりにすることもできます。

また、オプションで普通の畳を「和紙畳」にすることも可能。

い草の独特な匂いがせず、抗菌防臭撥水と機能性も満載。また色褪せもしにくく、見栄えの良さが維持しやすいのだとか。

リビングは約8帖の広さ。
壁をタイルにすることもできるそう。
イエキメル編集部

開放感が気持ち良い〜。ダウンライトだから天井の圧迫感がなくてオシャレな雰囲気ですね!

砂川さん

ダウンライトは標準仕様です!一般的なシーリングライトにすることもできますよ。

上/リビングの外にはウッドデッキが!
下/窓のサッシはフラットレール。
イエキメル編集部

すごい!ウッドデッキも付けられるんですね!

砂川さん

フラットレールを使った引違い窓は標準仕様です。

段差が無いので出入りがしやすく、ウッドデッキを使う機会がグッと増えそうですね!

左/書斎や勉強机として使える小上がり。
右/反対側のベンチの下は収納に!
砂川さん

こういったリビングなどに作ることができる書斎のようなスペースは、クレバリーホームならではですね。

色んな用途に使えるので、私は書斎ではなく「多目的スペース」と呼んでいます。

また、リビング側にある下が収納になっているベンチは、クレバリーホームのオリジナル

実は、床やドアもオリジナルなので、建具の色を合わせやすいのが特徴なんだそう。

さらに、大量生産しているので他のメーカーと比べてコストが抑えやすいのもポイント!

イエキメル編集部

おウチ全体の色味を統一できるから、自分好みのイエづくりができそうですね。

間接照明が素敵な、開放的なダイニングですね!
イエキメル編集部

っきからなんだか天井が高い気がしているんですが、天井高はどれくらいなんですか?

砂川さん

天井高は2600mmが標準です。これより高くすることはできませんが、低くすることは可能です。

一般的な天井高は2400mmだと言われています。

天井高を上げるとオプション費用や補強材、建具の高さ調整なども必要になり、コストが増えてしまいますが……

クレバリーホームなら標準仕様なので、コスト増を気にする必要が無いのが嬉しいですよね◎

上/入っているのはクリナップのキッチン。
下/カウンター下の収納もオリジナル。
イエキメル編集部

素敵な対面式キッチンですね!

キッチンはどのメーカーから選べるんですか?

砂川さん

基本的にはクリナップ・LIXIL・タカラスタンダードの3社を取り扱っています。

カウンター下は収納をなくして、椅子が置けるカウンターテーブルにすることもできます!

子どもがいるとハサミなどの置き場に困ることがありますよね。

キッチンに収納があれば隠せる上に家事の最中でも目が届くので、安心できますね。

左/脱衣所には壁一面の収納!
右/お風呂はLIXILのユニットバス。
砂川さん

キッチン以外の水まわりはタカラスタンダード・TOTO・LIXILの3つから選べます。

左/洗濯機置き場は扉の中に隠すことも可能。
右/お手洗い付きのトイレ。
イエキメル編集部

空間さえあればこのように隠せるランドリールームにすることもできるんだそう!

左/寝室から玄関へと抜けるクローゼット。
右/オープンにすると湿気も溜まりづらいですよ。

寝室には玄関へと抜ける「ウォークスルークローゼット」

砂川さん

使いやすい動線を考えて、収納なども設計ができます。

イエキメル編集部

朝、服を着たらそのまま靴を履いて。帰ってきたら靴を脱いで上着もすぐに片付けられる。って便利過ぎません?

上/ゆとりのある階段周り。
下/居室から水まわりへの動線も◎
砂川さん

廊下なども動線や回遊性を考えて設計できるので、生活しやすく通気性も良いんです。

階段の壁にはなんと床材を貼り付けているそう!
イエキメル編集部

これはオシャレだ……!

砂川さん

2階は1階よりも明るさを重視した空間になってますよ。


イエキメル編集部

編集部まとめ

今回はここまで。続きはモデルハウスで実際にご覧になってくださいね◎

天井の高さがあるからゆとりを感じやすく、また建具などの素材にもこだわられているので、開放感と高級感のある住まいが実現できそうですね。

また、クレバリーホームではオリジナルのファニチャーなどを大量生産しているので、良い素材を使いつつもコストを抑えたイエづくりができるのも嬉しいポイントのひとつと言えそうです◎

モデルハウスは「琉球新報ハウジングパーク」にあります。
イエキメル編集部

訪問時は工事中でしたが、普段は街そのもののような雰囲気なんだとか。

左上/沖縄県総合運動公園・右上/Living Design SQUARE Awase・左下/ラーメン大桜 沖縄泡瀬店・右下/A&W 泡瀬店

クレバリーホームのモデルハウス周辺には、家族でお出かけにピッタリなスポットがたくさん!

「沖縄県総合運動公園」でピクニックを楽しむもよし。「Living Design SQUARE Awase」でおウチ選びだけでなく家具も一緒に選んでみるのもよし。

モデルハウスを楽しみすぎてお腹が空いたら「ラーメン大桜 泡瀬店」や「A&W 泡瀬店」へ。席も多いので、子ども連れでも安心ですね。