暮らしづくり

リフォームでトクする!?「こどもみらい住宅支援事業」とは?

皆さん、リフォームでトクするって、知ってましたか?

何かとお金の掛かる、子どもとの暮らし。そこにのしかかるの、おウチに関するお金たち。できることなら、減らしたいですよね。

この記事では、そんな家計を支えてくれる補助金制度をご紹介致します。

「こどもみらい住宅支援事業」とは?

「こどもみらい住宅支援事業」とは、子育て世代の住居費負担の支援強化や住宅分野の脱炭素化の強力な推進を目的とした事業のこと。

一定の省エネ性能を有する住宅の新築や、一定の要件を満たすリフォームを行う場合に、所定の補助金額が交付されるんです!

こどもみらい住宅支援事業公式ページはこちらから >
国土交通省公式ページはこちらから >

主な補助対象要件

補助制度を利用するためには、省エネ改修を行うことが必須となります。

子育てに必要な改修工事・耐震改修・バリアフリー改修工事などについても、省エネ改修工事と同時に行う場合のみ補助の対象になるので、ここは要注意ポイント。

リフォーム補助額の上限は、1戸あたり30万円

ですが、子育て世帯または若者夫婦世帯が自ら居住する住宅に行うリフォーム工事や、工事発注者が自ら居住するために購入した既存住宅に行うリフォーム工事に該当する場合(一般世帯の場合は安心R住宅に限る)においては、補助額が最大60万円まで引き上げられます。

用語解説

子育て世帯とは……申請時点において、2003年(平成15年)4月2日以降に出生を有する世帯をいいます。
若者夫婦世帯とは……申請時点において夫婦であり、いずれかが1981年(昭和56年)4月2日以降に生まれた世帯をいいます。

なお、年齢については、交付申請時点ではなく、あくまでも令和3年4月1日時点での判定となります。

補助対象のリフォーム工事と補助額について

対象のリフォーム工事は(A)必須工事と(B)任意工事の2種類に分けられています。

(B)任意工事を行う場合は、(A)必須工事のいずれかと同時に行う場合のみ、補助対象となります。

また、補助申請には(A)+(B)の補助額が、合計5万円以上になる必要があります。

必須項目のリフォーム工事はコチラ

必須項目のリフォーム工事は、大きく分けてこの3つ。

どれも毎日の暮らしが便利になるリフォームなので、この機会に心機一転、交換してみてはいかがでしょうか?

補助対象期間について

補助を受けるためには、以下の期間内に契約及び工事を行う必要があります。

なお、予算の執行状況に応じて交付申請の締め切りが変更される可能性があるのでご注意ください。

補助申請手続きと必要な書類について

この事業は、リフォーム工事の工事施工者が補助事業者となり申請を行いますので、リフォーム発注者(お客様)の申請手続きは必要ありません。

また、現在お住まいの住宅をリフォームする場合は、下記の書類が必要になります。
※「既存住宅購入に該当する」方は、別途書類が必要になります。

事前に確認すべき注意点について

この制度は、リフォームを行う事業者自らが補助事業者として登録していないと、その業者でリフォームしても補助は受けられません!

リフォームを依頼する前に、依頼する業者に事前に確認をすることが必要です。

リフォームを依頼する前に「その業者がこどもみらい住宅の補助事業者として登録しているか?」を確認すること!

補助金を使って「賢く」リフォームを

子どもがいると、何かとお金が必要になりますよね。そんなときこそ、補助金制度などを使って賢くリフォームをすることで、より家族の暮らしが豊かになりますよ。

実は、こどもみらい住宅支援事業の他にも、イエづくりに使える補助金制度はたくさんあるんです。

マイホームやリフォームをお考えなら、補助金も一緒に探してみると、損しないイエづくりができるのではないでしょうか?

暮らしづくり実はリフォームにも使える!?「長期優良住宅」制度って知ってる?一生に一度のイエづくり。どうせなら、安心して長く住める家にしたいですよね。そんなイエづくりに役立つ「長期優良住宅」という制度があります。この記事ではこれからマイホームを手に入れたい方へ、リフォームで使える「長期優良住宅化の基準」や「長期優良住宅に対する減税、補助金」について解説しています。...

\イエキメルで探せるリフォーム会社はコチラ/

ABOUT ME
イエキメル編集部
沖縄のイエと暮らしを創造するWEBメディア『イエキメル』です。 実家をリフォームしたい。古民家をリノベーションして移住したい。店舗を改装してお店を開店したい。 ハウスメーカーや設計事務所で、憧れの新築マイホームを建てたい。 そんな方に役立つ特集記事や施工事例、イエづくり会社を紹介しています。