暮らしづくり

セミオーダーキッチンでコストと時間を削減!沖縄にある専門店のこだわりとは?【KiCHi】

今回は、浦添市にあるおしゃれなセミオーダーキッチン専門店「KiCHi」(キチ)のキッチン製作における「こだわり」をうかがいました!

セミオーダー?オーダーキッチンとは何が違うの?
そんな疑問や、県内で唯一販売代理店として認定されている、世界的に有名な家電メーカー「ASKO(アスコ)」についてもご紹介します。

KiCHiのおしゃれなセミオーダーキッチンで時間とコストを節約

KiCHiのキッチン

セミオーダーキッチンの説明をする前にまず、オーダーメイド(フルオーダー)のキッチンについてご紹介します。

フルオーダーはキッチンのキャビネットや天板のサイズから材質、色選びまで、「全て」デザインするんです。「住空間に溶け込むような」「素材感を生かしたい」などさまざまな要望があるので、何度もお客様と打ち合わせを重ね、丁寧にヒアリングします。

しかし、「考えることが多すぎて、何から始めたら良いのかわからない」と悩む人も。

オリジナルのキッチンを制作したいけど、そこまで時間を掛けられないという人は、セミオーダーがおすすめです!

セミオーダーキッチンは、キャビネットや天板などの規格が大まかに決められているため、時間とコストを抑えることができます

お客様のご要望に合わせてパーツを組み合わせ、暮らしに合ったオリジナルの「キチキッチン」を製作していきます。

KiCHiで選べるおしゃれなキッチンの種類やパーツをご紹介

KiCHiのキッチンカタログ

実際にKiCHiのカタログを見ていきましょう。

まずは、キッチンのタイプを「壁付けキッチン」と「アイランドキッチン」の2種類から選びます。

キッチンタイプを選んだ後は、パーツごとに種類とサイズを決めます。

キチキッチンで選べるパーツ

・キャビネットのサイズ
・収納の種類
・天板の種類とサイズ
・必要に応じて水栓やガスコンロの種類

キャビネットのサイズは幅300mm、600mm、900mmの3種類。収納の種類はオープン棚、引き出し収納、扉収納の3種類など、パーツごとに用意されています。

好みの色になるよう、本体は何種類ものカラーバリエーションがあるんですよ。

工藤さん

代表取締役 工藤 大輔

お客様の家族構成やキッチンに立つ人の身長、料理の種類など、キッチン利用の「背景」を詳しくお聞きします。みなさんの要望に合った「キチキッチン」を制作するように心がけています。

KiCHiがセミオーダーキッチンにこだわるのは「お客様の暮らしに寄り添うため」

取材に応じるKiCHiのスタッフ

そもそも、どうしてKiCHiはセミオーダーキッチンにこだわるようになったのでしょうか。

工藤さん

お客様の悩む時間を省くことができますし、お客様の暮らしに寄り添うことができると考えたからです。

セミオーダーといっても選べるパーツは多くあるので、数えきれないほど多彩な組み合わせがあります。パーツごとに在庫をストックしているので、価格を下げて提供することも可能です。

お手頃に理想のキッチンを手に入れることができるんです。

KiCHiのキッチンは木の温もりを感じる

KiCHi特製のキッチン

「キチキッチン」の特徴といえば何と言っても、自然素材特有の味わいを感じられることです。木製のキャビネットは、防腐効果のある自然由来の塗料が仕様されています。湿度の高い沖縄でも安心ですね。

塗料が剥がれてしまっても、KiCHiに依頼すると補修(リペア)していただけるので、きれいな状態を保つことができます!

木製のキッチンは劣化ではなく「経年変化」を楽しめる

KiCHi特製のキッチン

木製品を主に使用している「キチキッチン」は時が経つほど、味わい深い風合いを感じさせてくれます。

使っていくうちにできてしまった傷やシミも、愛着を持つことができるようになります。

工藤さん

私たちの時が経つと古びれてくるのを「経年劣化」と捉えるのではなく、家族のように成長し、居住空間になじんでいく姿を楽しむ「経年変化」と考えています。

興味があればぜひ一度、お問い合わせいただきたいですね。

県内での取り扱いはKiCHiだけ!家電メーカーASKOの魅力

ASKOの食洗機

KiCHiが取り扱っているメーカーは素敵なものばかり。
中でも特に人気なのは「ASKO(アスコ)」。スウェーデン発祥の家電メーカーで、ステンレス素材を主に使用し、家電なのに業務用製品と変わらない性能が持ち味です。

なんと、KiCHiは沖縄県内における唯一の販売代理店なんです!

工藤さん

ASKO製品はシンプルで空間を邪魔しないデザインが魅力です。性能もすごく良いんです。

例えば食洗機を使う環境について、日本製の食洗機は洗う前にあらかじめ水で洗う「予洗い」をするのが基本ですが。しかしASKO製品だと、専用のスプレーを使用し、60℃前後の熱湯がさまざまな箇所まで行き渡るようになっているので、しぶとい汚れも一発で落とすことができます。

ASKOのキッチン
工藤さん

コンロ本体はステンレス製で、トッププレートは強化ガラス製なので傷や汚れが付きにくく、掃除も楽なのが魅力です。

また、コンロは業務用扱いになるので安全装置が付いていません。レストランなどで使われるコンロの火力と変わらず、本格的な料理が楽しめます。

KiCHiはお客様がキッチンに立つ姿をイメージしながら提案

オーダーキッチン制作前のヒアリングでは「一体何を聞かれるのか」気になりますし、事前に回答を用意しておきたいですよね。

KiCHiはキッチンの活用の仕方を想像しながら、ヒアリングします。例えばお客様の家族構成や身長、和食派か洋食派かなど、住まいに合ったキッチン製作のためさまざまな質問をして、リードしていただけます。

工藤さん

身長をお聞きする理由としては、女性がキッチンに立つ場合、大手メーカーで一般的なキッチンの高さ900mmは少し高いんです。大きい鍋を持つには苦労します。

私たちは使う方の身長をうかがいます。2人いらっしゃれば、お2人の身長の間の高さをとることをおすすめします。

さらに、お住まいになる地域のゴミ分別の方法まで細かくお聞きします。浦添市では、カンやビン類をカゴにまとめてゴミに出します。ベランダに缶用のカゴを設置する家庭も多いので、その場合はキッチンのキャビネットを占めるゴミ箱スペースは小さくなります。

工藤さん

こちらはほんの1例です。中には和食が好きなのか、洋食が好きなのかも聞きます。圧力鍋などの調理器きやコーヒーマシンなど、収納場所をある程度イメージしながら、収納スペースをデザインします。

会話の中でいろいろな提案が出てきます。
なのであまりかしこまらず、気楽に会話をしていただけると幸いです。

キッチン・家具製作の図面を一つずつ手作り

KiCHiのこだわりはまだまだあります。
キッチンや家具製作のほとんどは、工藤社長が立体感のあるスケッチ図面を手書きしているのです!「キチキッチン」のカタログにも柔らかいタッチの図面が描かれています。

どうして手間ひまかけて、手書きの図面を仕立てているのでしょうか。

工藤さん

平面の図面も良いですが、キッチンに立つ姿がイメージしづらいですよね。もともと私が、家具製作の職人出身というのもあって、人が作ったものにしか出せない手作り感も大切にしています。

フルオーダーキッチンも対応

セミオーダーのキッチン制作に取り組むKiCHiですが、フルオーダーのキッチン制作にも対応しています。素材そのままに無垢材を使用しているので、暖かい空間を演出します。

KiCHiの「食に関わること全てやりたい」という思い

農地

KiCHiはキッチン制作の他にもユニークな事業をスタートさせました。
今年1月から、南城市で農業を始めたのです!

農地の広さは400平米ほど。現在は土づくりの最中ですが、これからは「キチキッチン」に適したハーブを育てる予定です。

自社で加工して販売することや、キッチンづくりの際に「いつもとは違う時間を楽しめる」ような商品の提案も考えています。

工藤さん

「食に関わること全てやっていきたい」という思いが強くあります。畑だけではなく、今後は宿泊施設の運営も考えています。

私たちは内装業もやっているので、宿泊施設をデザインしていきたいです。その中で、畑で採れた農作物を活用するなど、KiCHiが提供するもので皆さんの「食」の空間をつくっていきたいです

まとめ

食を中心とした、お客様への提案方法から取り扱いメーカー、今後の展望まで、KiCHiの「こだわり」をご紹介しました。

こんな素敵なキッチンが家にあったら、暮らしがより一層明るくなること間違いなしですよね。

ぜひ一度、KiCHiにお話を聞いてみてはいかがでしょうか。

KiCHiの会社情報

浦添市のキッチンメーカー

株式会社KiCHi